葉酸が妊婦に必要な訳

産婦人科にもサプリメントのポスターが貼ってあるほど、葉酸は妊婦さんに必須の栄養素です。
もちろん、赤ちゃんのためにはあらゆる栄養素をバランスよく摂取することが一番大事なのですが、中には普通の食事では摂取量が不足してしまうものもあります。
その一つが葉酸で、葉酸には妊婦さんや赤ちゃんのために必要な効果があるからこそ、摂取することが推奨されているのです。

 

葉酸にはいろいろな効果がありますが、とりわけ重要なのがDNAに関係しているということです。
簡単に言うと、お母さんやお父さんがもっている遺伝子情報を、正しく伝えるという役割を持っているのが葉酸なのです。
赤ちゃんは受精卵と精子が結びつき、そこから爆発的に細胞分裂を繰り返すことで胎児へと成長していきます。
その過程の中でDNAが組み込まれていくのですが、葉酸はその時に正確な遺伝子情報を伝達するサポートをしてくれるのです。

 

万が一葉酸が不足してしまうと遺伝子がきちんと伝達されず、先天異常を招いたり、神経系の障害を持ってしまうことがあります。
症例として多いわけではありませんが、無脳症や神経管閉鎖障害などが引き起こされるリスクが高まってしまいます。
つまり、葉酸を摂取することでこれらのリスクを軽減させることが出来る、ということは、正常で健康な赤ちゃんを産める効果があるということです。

 

また、赤ちゃんだけではなく、母体にも大きな効果があります。
妊娠をするとどうしても疲れやすくなり、その疲れが溜まると気分が落ち込んでマタニティーブルーになったり、食欲がなくなったりして体内器官の働きが低下します。
葉酸には食欲を増進させたり、疲労を回復させたりする効果、さらに貧血を防ぐ効果も期待出来るので、母体の健康状態を保ってくれます。
他にも、精神面を安定させて気持ちを整えるという効果もあるので、精神状態が不安定になりやすい妊婦さんを内面からしっかり支えて、前向きな妊婦生活を送ることができます。

 

 


TOP 葉酸の効果 葉酸はいつまで? 副作用はないの?