葉酸の効果とは?

葉酸にはどんな効果があるの?

葉酸とはビタミンB群の一種で、その栄養による効果は厚生労働省にも認められています。
ほうれん草の葉っぱに、肝臓に含まれている悪質性貧血予防因子と同じものが含まれていることから発見され、葉酸と名付けられました。
葉酸は赤ちゃんの先天性異常やダウン症などを予防する効果があり、その重要性は厚生労働省から葉酸の摂取が推奨されるほどなので、妊婦さんに必要な栄養素と言うイメージが強いかもしれません。
ですが、葉酸の効果は胎児に対してのものだけではないのです。

 

他にもこんな効果が!

 

まず、ほうれん草には貧血防止効果があることから分かるように、葉酸には貧血を予防するための効果があると言われています。

貧血というと名前のイメージから、血液が不足した状態と思っている方も多いようですが、実は血液中のヘモグロビンの濃度が低下した状態のことになります。
つまり正常な赤血球が不足しているということなので、血液の量が減っているわけではありません。
しかしこの状態は、めまいや立ちくらみ、動悸やむくみ、頭痛などの症状を引き起こしますし、抜け毛や生理不順、さらにはホルモン分泌の低下なども起こしてしまいます。
貧血を防ぐということは、こういった状態を防ぐことにつながるので、健康効果が期待できます。

 

次に、葉酸はホモシステインというアミノ酸がメチオニンに転移することにも関与しています。
転移がスムーズに行われないと、血中のホモシステインの濃度が上がってしまって、これが動脈硬化や動脈血栓などを引き起こす原因になります。
また動脈硬化になると、脳卒中や心筋梗塞など重篤な病気のリスクも高まります。
ですので、葉酸を摂ることでこれらの疾病を予防する効果も得ることができるのです。

 

そして、胎児を成長させる細胞分裂をサポートするという効果は、消化器系など粘膜の部分にも関わってきます。
細胞分裂は加齢とともに衰えますが、分裂が行われないと粘膜の状態に障害が出てしまいます。
葉酸の持つ細胞分裂の効果は、粘膜の再生にも役立ってくれるので、体内器官を健康に保つ効果も期待できます。

 

 

 

 

 



TOP 葉酸の効果 葉酸はいつまで? 副作用はないの?